Extract05

“Extract05″

2013/7/27(Sat) Akihabara MOGRA

ext05_omote

Extract05無事終了いたしました!多くのご来場ありがとうございました!

■What’s “Extract”?
同人音楽×クラブをコンセプトに踊る楽しさ、聴く楽しさを追求したイベントが秋葉原MOGRAで開催!!!
今回は音盤夜行のhaLRuとZYTOKINEのLinjin、更にDOWNFORCEのCamelliaがゲストDJに登場!!!
DJMixラジオ「SUBZERO」で活動するPinkyMurakamiは九州より相棒のYuyaShigenobuを引き連れB2Bユニットで緊急参戦!!House,Trance,Electroを中心にひと癖もふた癖もある出演者たちが贈る夏よりアツイ最高の6時間!!!
この機会を絶対に見逃すな!!

参加表明をしよう!! Tweetviteページはこちら

■開催概要
2013 07/27(Sat)
OPEN 14:00
CLOSE 20:00
Door: 2500JPY with 1drink
Door Ladys: 2000JPY with 1drink
秋葉原MOGRA

大きな地図で見る

■twitter hashtag
#extt

■DJs
haLRu (MONOMIND / 音盤夜行)
Linjin (ZYTOKINE / CYTOKINE)
Camellia (DOWNFORCE)
MOKKOS HOUSE MANIA (Pinky Murakami & Yuya☆)
teropo (SUBZERO)
Malzel Melly

■VJs
12d (FIVE DOT ONE)
Nori (Norhythm. / nlbs)
SoU (Otographic Music)

■Illustration
左折(HORI_GOTATU)

■Flyer design
SoU (Otographic Music)

■Organizer
hayami
Malzel Melly

■Performer:DJ紹介
・haLRu
halruサウンドエンジニア&プロデューサー / DJ
都内でオンラインコンテンツ・サービスに従事する傍ら、サラウンドやDSDなど新時代の音を模索し、日々ダンスフロアに投下される音の最終段を担う。
インディー&同人シーンには欠かせないインディペンデントなエンジニアの一人であり、「SOUND VOLTEX BOOTH」 収録の「ひまわりRemix」「RayRain」のミキシングや、「アニメハウスプロジェクト」「enigmatic LIA4」のマスタリングも手がけている。
“Japan Pop cultureをアキバの外へ”を合言葉に、2009&2010年台湾、2012にはシンガポールSTGCCでのDJも果たし、自身がオーガナイズした”音盤夜行”は先日、その4年間の幕を降ろしたばかりである。つ、つまり、イベント呼んでください!
最近はポケットの中のカノジョと別れ、バクステ外神田一丁目の嶋田希望に夢中のよう。

 

Linjin・Linjin
隣人&蒲焼鰻による”CYTOKINE”
現在は主に隣人ソロによる音楽サークル”ZYTOKINE”名義にてトラックメイカーとして活動中。
シンセの使い方に特徴のあるポップな曲を中心に、Trance / Electro / Progressiveなどのクラブトラックも制作している。
隣人という名前を聴くと東方アレンジを思い浮かべる方も多いと思うが、音声合成ソフトウェアVOCALOID!3ライブラリ「IA -ARIA ON THE PLANETES- 」の公式デモソングを担当するといった同人音楽以外にも活動の幅を広げている。
またSOUND HOLICへの参加やcold kiss (高橋菜々[SOUND HOLIC]x隣人[CYTOKINE])としての活動、他音楽サークルへの楽曲やRemixの提供なども精力的に行っている。


 

・Camellia
camellia作曲家であり、ボカロP、DJとしても活動中。
明るくポップな曲から電波ソング、更にはクラブトラックまで幅広く手がける。
音楽ゲーム「SOUND VOLTEX」や同人音楽最大手のAlstroemeria Recordsにも楽曲を提供している他、今年は「TANO*C TOUR 2013 the Anthem」にも参加している。Drum ‘n’ BassやElectro House、Glitch Hopなど常に新しい音を求めていく姿勢に作曲家としてもDJとしても今後の活躍に期待が高まる。
アイコンと同じトレードマークの帽子の中に、たくさんの可能性を秘めた若手作曲家の1人。
お姉さんとお付き合いしたいです。よろしく、お願いします。


 

mokks・MOKKOS HOUSE MANIA(Pinky Murakami & Yuya☆)
MOKKOS HOUSE MANIA(もっこす ハウス マニア)
火の国熊本を拠点に活動するPinky MurakamiとYuya☆によるB2Bユニットの名前である。
2012年に活動を開始し、CDJ2000×4台とDJM-900を使用し機材の能力をフルに引き出すパフォーマンスで好評を博している。
ExtractではおなじみのPinky Murakamiは東京を始め、広島や地元九州のパーティーにジャンルを問わず幅広く出演し、自身が主宰するネット放送”SUBZERO”とともにオンラインとオフラインの両面で精力的に活動を続けている。またYuya☆は熊本にて国内外の著名DJのサポートアクトを幾度と無くこなす傍ら、熊本、福岡でのパーティに数多くゲスト出演し、着実に実力を付けている。
ちなみに「もっこす」は熊本弁で「純粋で正義感が強く、一度決めたら梃子でも動かないほど頑固で妥協しない男性的な性質」の事を指す。熊本から飛んできた2人の音を絶対見逃すな!!!


・teropo
teropoお薬やってないですの2人の内1人と言えば彼である。Twitter上ではゲザーと呼ばれ始めたもののいつしか尻と呼ばれ否応無しにその名前は定着した、「尻の人」と言えばteropoで間違いはない。
社会ではサラリーで日々を浪費するが実はパズドラに血と汗を注ぐ熱き男である、金が欲しい。MHFはどこへ行ったのか…
緑の食物に飢えている彼にサラダを上げると喜ぶので飼いならしたい裕福層の方は是非実践して頂きたい。
DJ、やってます。

 

 

 

Malzel Melly・Malzel Melly
2010年にDJ活動を開始。Extract主催のhayamiと共に当イベントのオーガナイズを担当、DJとしても出演し、これまでオープニングDJを務めてきた。また3度目の開催となるExtract#03ではOSFCに所属するEiryとB2Bを披露し、フロアを盛り上げた。
techhouseやbassmusicを得意とし、同人音楽からネタものまで幅広くカバーする。

 

 

 

 

■VJ & Flyer design 紹介

・SoU
SoUOtographic Musicのアートディレクター。CD、ポスター、本など様々な媒体のグラフィックデザインを手掛ける傍ら、DJ、VJ、パーティオーガナイザーとしても積極的に活動中。特にVJ活動においては本人のDJ経験に基づいた卓越した演出力が評価され、近年その活動の場を飛躍的に広めつつある。2009年にスタートしたOtographic Musicにおいては設立当初からデザイン部門の根幹に携わり、アートワークの制作やディレクションを手掛ける傍らやがてVJとしての活動も開始する。Otographic Music公式のラジオ番組「Otographic Arts」では、DJ Mixだけでなく彼による映像演出も番組のキーとなり、多くのリスナーから定評を獲得している。

 

※近隣住民の迷惑となりますのでイベント終了後は騒がず帰宅しましょう。
※当日、ご気分の優れない際は受付までお申し付けください。
※会場内でのフラッシュ撮影等はご遠慮頂くようお願いします。

 

Extractに関するお問い合わせはhayami_Lまでお願いします。

Search

Recent

Category

Archives

Link